ブログトップ

fresh**

lapin216.exblog.jp

2nd  cycle project

先日、兵庫県立美術館を訪れた。
目当ては、『フィンランドの暮らしとデザイン』
と、建物自体にも興味があった。

頻繁に前は車で通るのだがいかんせん、なかなか重い腰が上がらなかった。
「明日やろうは、バカやろう」
を、胸に刻み、出来る限り色んな事に挑戦したり体験したりしたい。
d0086490_23172843.jpg

本題にもどると、
国土の殆どが、森や湖みたいで、自然に寄り添うデザインにも頷ける。
そんな、フィンランドは意外と身近にいた。
アルヴァ・アアルトのartec社、アルミ・ラティアのmarimekko、Iittala、そして1番有名であろうムーミン。
どれも、素晴らしかったのだが1番縁のなかったartecに興味が湧いた。
2nd cycle project という取り組みをしているらしい。
講堂やオフィスなどで使われて倉庫に眠っていたり、各家庭で使われなくなったモノを収集している。
カラーがオリジナルにない物や色褪せているものなど各々色んな人生、もとい物生を送ってきたのだろう。
70年前に製造されたチェアなどが、現役で使われていたりする事に感動する。
携わった人たちは嬉しいだろうな。

イギリスなどでは、100年に満たないモノはアンティークとは呼ばないらしい。
ジャンク扱いになるらしい。
そんな、長い間、色んな場所に、人に、渡って大事にされ、時にはリペアされ生き続ける。

そういうココロを大切にしきたいな〜と、改めて感じた。
そして、子どもたちにもそんなココロを持っていって欲しい。
[PR]
# by lapin216 | 2013-02-21 23:21 | diary

only looking

彼女は、いつも見てるだけ。

1人あっちにこっちにウロチョロ、お兄ちゃんが頑張ってるのなんか関係なし。

最近は、「行くのいや〜お家帰る〜」
と、意見するようになってきた。
そう言わずに、と付いて来てもらう今日この頃。

この寒い季節は特に嫌だろうな。
そんな中、見つけた最近のお気に入り。
d0086490_0131924.jpg


やっぱり、冬はコーンポタージュ。
最後は、缶の後ろをポンポンと叩いて最後の一粒まで上手に飲めるようになった。

そんな、些細な事に娘の成長を感じる。
[PR]
# by lapin216 | 2013-02-10 21:13 | child*

Rare thing

ミートローフ。
そう、あのミートローフ。

温めても、冷えていても、凍っていなければ押せば潰れてしまうであろうモノ。

そんなミートローフを包丁で切っていたら、
自分の顔、右横をキラリと光るモノが過ぎ去っていた。

本当に一瞬のコト。

持っていた包丁は、持ち手のグリップ部分しか残っていない。
後ろを振り返ると、
d0086490_23525094.jpg


後から、考えるとぞっとするが難は逃れた。

なかなか、出来ない経験をさせて頂いた。
いつ、何時、思わぬ事が起こる可能性がある事を再認識させられた瞬間だった。

次は、もうちょっと良い包丁を買おう。
[PR]
# by lapin216 | 2013-02-08 23:58

練習

新年も明けて、早いもので3週間が過ぎた。
今年は特に何てことないお正月を過ごして、のんびりしつつ、
気が付けば休んだ分を取り戻すかのように現実に引き戻されているこの頃。

息子がサッカーを始めてから、約2年が経とうとしている。
勿論、楽しんで運動する目的から始まったが、今ではかなりのめり込んでいる。
一応、目標はサッカー選手らしい。
私たちも色々なサッカー少年を見る事が多くなった。
それなりだか、見る目も変わって来たので、目も肥えてきた。
この年齢で才能を感じさせる子はずば抜けている。
残念ながら、蛙の子は蛙。
後は、センスを磨いて努力するしかないだろうな。

何にせよ、夢と目標を持つ事は大切な事。

やるなら、本気で。

YouTubeでバルサの練習を見て、これがしたいと頑張っている。
d0086490_11489100.jpg


が、一朝一夕で出来る訳がない。
毎日、少しづつ進んで行くしかない。

子どもが本気になるなら、親も覚悟を決めないといけない。

一緒にバランス良くが1番難しい。
夢を見続けて、進み続けるのが大切。
[PR]
# by lapin216 | 2013-01-18 17:01 | child*

The rising sun

今年はクリスマス寒波なるものがやって来るそうな。

ホワイトクリスマスになったら、嬉しいような、悲しいような。


でも、寒いのは苦手…。

そんな寒さでも、あ〜早起きしてよかったな、と思える瞬間。
d0086490_21303673.jpg

[PR]
# by lapin216 | 2012-12-22 21:32 | diary

Christmas Tree

クリスマスイブまであと10日。
今年もツリーは小さく可愛く、シンプルに。

庭にモミの木やオリーブを植えて飾り付けるのが夢ですが、まだ叶わず。
鉢に植えたオリーブはそうやって5年くらいは待ち続けている。
想い続けてれば叶うかな。

今は、フェイクで気持ちだけ。

d0086490_1781366.jpg


子どもたちは毎朝、アドベントカレンダーのお菓子を楽しみに
あと、10回分待つ。
[PR]
# by lapin216 | 2012-12-14 17:10 | diary

Why Photography?

d0086490_11422241.jpg


ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー

東京、金沢、そして今回丸亀で行われた美術館では初めて行う個展。

それが、車で2〜3時間で行けるなら行くしかない。
本音で言えば、東京まで足を伸ばしたかったな。

個展の内容は受け取る側の、感性それぞれだと思うので興味のある方は9月23日までやっているので、どうぞ。

私たちが偶然にも、共通して好きだった写真家。
彼の独特な目線、冷たい印象の中にも何か惹き付けられる温かみがあったり、誰もが目にする風景がこんな風に写るのか〜と感心してしまう。

1度でいいから、撮影風景を見てみたいな。
いつか、近いイメージで写真が撮れたらな〜
と、漠然と思ってしまう。

因みに、看板左に写り込んでいる女の子は My Daughter。
[PR]
# by lapin216 | 2012-08-26 12:01 | diary

Prize

敵は少ないだろう、と思っていたけど、まさかの当選。

と、言ってもヴィッセルXレッズの観戦チケット+スタジアム観戦ツアーなので、宝くじが…という程でもない。
でも、まあ、当たりだ。

2時間くらいスタジアムの中を見学させてもらった。
普段は見せてもらえないだろう、選手が入って来る直前のロッカールーム(勿論
ユニフォーム、スパイクは設置済)や、アップする部屋、記者会見ルームでは実際選手が出て来てくれて、質問にも答えてくれたり。
d0086490_1241545.jpg


最後はベンチに座らせてもらったり、ベンチメンバーのアップする場所で同じようにアップの真似事までして、トップの選手の試合前のアップを間近で見れたり
d0086490_11544476.jpg


ちょっと疲れてそうだったけど、今までにない貴重な体験が出来た。

でも、こうやって色んな体験をさせてもらったヴィッセル神戸の計らいにも感謝。
逆を思えば、そうやって見えないトコロで予算や人材を使って小さなファンも大事にして、盛り上げていこうとする心意気はどの業界でも見習うとこだなっと思ったりも…。
[PR]
# by lapin216 | 2012-08-14 12:05