ブログトップ

fresh**

lapin216.exblog.jp

family

d0086490_145414.jpg

先日、妹が結婚した。
8歳も離れているし、住んでるとこも離れてるので大人になってからはしょっちゅうは会わなくなっていた。
自分の中のイメージは小さい頃のまんまだったので、何かびっくり。
子ども達はドレスの裾を持つ役をさせてもらって、ちゃんと、出来ていた。
妹よりも、そっちが気になってしまった…。
私も一緒にバージンロードを歩かせてもらって、久しぶりに緊張した〜。
お幸せに。
これでまた、家族(親戚)が、増えた。


ある歌の歌詞に
`『男の価値は何で決まるのかな?』
そしたらとなりの女が
『そんなの“家族”に決まってるでしょう!』`
っていうフレーズがあります。

先日、低視聴率の為、打ち切りになった「家族のうた」というドラマのエンディングに使われていた斉藤和義さんの「月光」のワンフレーズです。
色んな意見があるでしょうが、私は結構、好きだっただけに、打ち切りは残念。

正直、若い頃は1番後回しの存在だった。
仕事と友達が、自分の最優先事項だった。
父が病床に伏せていた時でさえ、そう思っていた。
仕事の忙しさや、自分の事で精一杯のつもりだった。
出来る事は、沢山あっただろうけど…。出来なかった

結婚して、息子が産まれても暫くはそんなに変わらなかったと思う。
家族っていう共有する事がうまく出来なかったと思う。

パートナーの想いや、娘が産まれた事や、色んな事を共有していくことで
家族っていう事への想いは変わってきたな〜と、
妹の結婚、歌詞、ドラマ、大きな出来事から日常の些細な出来事で再認識する事が出来た。


次は、
家族っていいなって
息子と娘にも思ってもらえるような家族であれる事を目標にしよう。
[PR]
by lapin216 | 2012-06-05 14:46 | diary
<< plum liqueur coffee >>