ブログトップ

fresh**

lapin216.exblog.jp

2nd  cycle project

先日、兵庫県立美術館を訪れた。
目当ては、『フィンランドの暮らしとデザイン』
と、建物自体にも興味があった。

頻繁に前は車で通るのだがいかんせん、なかなか重い腰が上がらなかった。
「明日やろうは、バカやろう」
を、胸に刻み、出来る限り色んな事に挑戦したり体験したりしたい。
d0086490_23172843.jpg

本題にもどると、
国土の殆どが、森や湖みたいで、自然に寄り添うデザインにも頷ける。
そんな、フィンランドは意外と身近にいた。
アルヴァ・アアルトのartec社、アルミ・ラティアのmarimekko、Iittala、そして1番有名であろうムーミン。
どれも、素晴らしかったのだが1番縁のなかったartecに興味が湧いた。
2nd cycle project という取り組みをしているらしい。
講堂やオフィスなどで使われて倉庫に眠っていたり、各家庭で使われなくなったモノを収集している。
カラーがオリジナルにない物や色褪せているものなど各々色んな人生、もとい物生を送ってきたのだろう。
70年前に製造されたチェアなどが、現役で使われていたりする事に感動する。
携わった人たちは嬉しいだろうな。

イギリスなどでは、100年に満たないモノはアンティークとは呼ばないらしい。
ジャンク扱いになるらしい。
そんな、長い間、色んな場所に、人に、渡って大事にされ、時にはリペアされ生き続ける。

そういうココロを大切にしきたいな〜と、改めて感じた。
そして、子どもたちにもそんなココロを持っていって欲しい。
[PR]
by lapin216 | 2013-02-21 23:21 | diary
only looking >>