ブログトップ

fresh**

lapin216.exblog.jp

カテゴリ:book( 6 )

絵本


d0086490_1373148.jpg


最近お気に入りの絵本です。

鮮やかな色使いと、グラフィカルな表紙、
のんびりとしたお話がとっても素敵な絵本です。

絵本を読んだ感想を息子に聞くと、自分との受けとめ方と違って
はっとさせられる事が多々あります。

バタバタしがちな毎日ですが、
息子と一緒に絵本を読んだり、
ゆっくり1人で本を読んだりと...

そんな時間を
増やしていこうと思います。



[PR]
by lapin216 | 2011-01-20 23:36 | book

COFFEE&PEACE

コーヒーと平和*

う~ん。コーヒーを飲むと幸せになる。
そんな、タイトル。
確かにとりわけコーヒーが大好きな私たちはおいしいコーヒーに出会えると
ほっと幸せな気持ちになります。
・・・まあ、おいしいものに出会えてもそんな気持ちになるんですけどね。。。

今回、って言ってもちょっと前になるんですが、実に興味深い雑誌を発見そたので購入しました。
d0086490_11363562.jpg


”BRUTUS”
私たちが好きな写真家ホンマタカシさんがたまに掲載されているので毎号、気にはしているのですがこれは!という記事の時だけ購入しています。

今回のCOFFEE&PEACEは即買でしたね。
中身もうんうん、あ~そうか。こういう時はこうかみたいな事も載っていたし、持っているエスプレッソの本を書いている人も載っていたし、中々の充実ぶりでしたよ。

豆のことも教えてくれてます。
d0086490_11464780.jpg


是非、興味のある方は!多分バックナンバーがあるはず。。。
コーヒーを飲んでるオードリー・ヘプバーンの写真がかっこいいです**
[PR]
by lapin216 | 2007-04-21 11:50 | book

Lingkaran**

d0086490_22535583.jpgLingkaran(リンカラン)の別冊...
「~産んで育てる、自然な生き方~ 幸せいっぱいの出産、喜びの子育て。」

数ある雑誌の中で、リンカランは結構頻繁に購入する雑誌です。
その中でも、この別冊はずっと発売を楽しみにしていました!!

自分らしい出産、育児を考えたい私たち。
素晴らしい出産や子育てのあり方、
私たちが毎日つきあう女性の身体について...
これまでの特集を再編集されており、1冊の分厚いムックになっています。

表紙にもなっている
大好きな家具屋さんTRUCK
黄瀬さんと唐津さん夫婦のベビー誕生のお話・・・
特製ベビーベッドやキャビネット・・・さすが、TRUCKさん。
やっぱりかっこいい*>_<*

coyaの根本きこさんの食材にこだわった子供の食事・・・
や子供へのオモイ・・・「自分よりも大事なものがある幸せ・・」

日登美さんの4人のお子さんとのつきあいかた、知育よりも
感性を育てるシュタイナー教育について・・・

そして、そして
特集の1番目のわかなぱんのわかなさん。↓
・・・・こんなに心から愛おしいモノがあったんだ、と感動をくれた子供達。
「毎日のちょっとした「にこにこ」がとっても幸せ。
それがあれば、なにもいらないでしょ。」って思えるくらい。
でも、かわいいかわいい子供との毎日とはいえ、
大変なこと、つらかったこともたくさん。
出産話もし始めればとまりません。
ごくごく当たり前のことでありながら、
ひとつひとつがとてもスペシャル。
それが子育て。な気がします。・・・・・・とっても共感しました。

まだまだたくさんの方の ココロとカラダにやさしい生活が連載されています。

・・・シンプルに力まず、無理せず、
自然の流れにまかせて人の命を生み出していくということ。
シンプルって簡単なようでなんだか難しい・・・けど、
こんな気持ちで2人目は出産できたらな~なんて思いました。



それぞれの人のそれぞれのストーリー・・・。
とても刺激的で、
そして、あたたかいキモチになりました。




[PR]
by lapin216 | 2007-03-10 23:59 | book

雲のうえ*

d0086490_0264158.jpg

先日、姉にお願いして、ずっと気になっていた
北九州市ビジターズ・インダストリー情報誌の「雲のうえ」
を持ってきてもらいました*^^*

なんと、編集長は
あの、大谷道子さん。アートディレクションは有山達也さん。
・・・「ku:nel」(マガジンハウス)を手がけてる方じゃないですか~*>_<*

今回の2号は市場特集で
もたいまさこさんも登場し、市場見学などされている様子などが載ってます。

d0086490_9585027.jpg私の実家は北九州と同じ福岡県ですが
北九州に行ったのは、6.7回程度です。
皿倉山というお山さん(結構大きい)に夜景を見に行ったり、
スペースワールドというアミューズメントパーク行ったり、
イベントで行ったり・・・。
恥ずかしながら、今まで北九州という「街」に遊びに言った事は
ありませんでした。

この「雲のうえ」を読んで、行ってみようかな~。
天ぷらおいしそうだな~(笑)なんて思いました^^

なんか、北九州市長が変わるから今回の2号で終わカモ・・・
とのうわさですが、
ぜひこれからも、北九州の魅力をイロイロな人に伝えていってほしいです。
読んでみたい方は、送付もしてくれるみたいです。


       **************

そして・・・もうひとつ。
トリトンカフェ でSchleich シュライヒ展があります*>o<*

d0086490_031341.jpg

シュライヒ社はドイツのフィギュアメーカー。
動物や恐竜、魚なんかもあります**
結構リアルにできているのですが何ともいえない可愛さです。
是非行ってこようと思います。


--Triton cafe シュライヒ展--
  2007.2.15~2.27


[PR]
by lapin216 | 2007-02-17 00:50 | book

3つのしつもん*

大好きな本があります。

d0086490_16403843.jpg「3つのしつもん」という本です。            

        ******
「あなたにとって、こどもとは? 男とは? 母とは?」
母になってしまった女性たちに聞いた、
こんなシンプルな3つのしつもん。
日々のくらしの1コマ。
命を受け、そして繋いでいく人の営み。
そこから生まれるさまざまな感情や視点。
                寄せられたこたえは「LIFE」そのものでした。

                        ******


        
2001年より4年間に渡って寄せられた、
内田也哉子さん、akko(マイリトルラバー)さん、嶺川貴子さんら、
100名のmotherの言葉が1冊の本になっています。
母になってしまった女性たちへ。
そして、父となった男性たちへ。
母になるってどんなこと?と、疑問と不安を抱く方へ。
そして、母から産まれた全ての人へ。

身近な人への愛おしさに満ちた言葉がたくさんつまっています。


d0086490_16422329.jpg

私はこの本を読み、誰一人として同じ言葉がないことに
面白さを感じました。
98名の3つのしつもん....。
100名になるまでの、残りの2人分は、本を手にした本人と、その人の子供が、親になった時のため、なのだそうです*^^*

何度読み返しても、いろいろな事を考えさせられます。
母であることの素晴らしさ、難しさ、
子供の愛おしさ、パートナーとの在り方...
・・・そして、これからの自分。

いろいろな事を再認識でき、また新たな気持ちでスタートできるとってもステキな本です。



[PR]
by lapin216 | 2006-12-12 16:58 | book

ku:nel*

ストーリーのあるモノと暮らし。。

d0086490_16264046.jpg


この号に知っている方たちの記事が掲載されていました。
その人たち(ブランド)に出会って、ひとつのモノを大事に使い続け、もし壊れたのなら出来る限り自分の手で修繕し、そのモノの役目が終わるまで
付き合うという当たり前の事を当たり前に学ぶ事が出来ました。
なかなか自分たちのこだわりを突き通すことは難しい事なのですが、ゆっくりでも確実に「理想」に近づけるようにと、日々思います。
[PR]
by lapin216 | 2006-09-21 16:03 | book